折り畳み式ではなく置き型シングルベッド

一人暮らしでもベッド選びは重要

私は初めて一人暮らしをする時に色々な家具を揃えました。家から持っていけるようなものがなく、家具家電は引っ越しと同時に全て買い揃えました。

その中でもとても重要視したのがベッドでした。床に布団をひいて眠る人はいいのですが、ベッドで眠るタイプならベッド選びは重要になってきます。私の非常に悩んだのですが、どういった点で悩んだかというとまず折り畳み式か普通の置き型のベッドにしようかどうかでした。

折り畳みにすると6畳という狭めの部屋も広く使えるし端っこに折りたたんで置ければ掃除の時も簡単で、一人暮らしの狭い部屋、掃除のしやすさという面では折り畳み式は魅力的でした。そして折り畳み式でもソファになるタイプも非常に欲しいと思ったベッドでした。

これも狭い部屋だけれどソファとして可愛く置けるし寝るときだけ平べったくすれば狭さをあまり感じない、そして支柱とかがないので下の階に音が聞こえないしこれも悩んだものです。そんな中で私が選んだのが置き型の普通の形のシングルベッドでした。大型店のニトリで選んだものですが、素材は木にしました。

湿気などでこもりがちになるのが嫌だったので通気性のいい木を選びました。更にシングルベッドでも折り畳み式よりもやっぱり耐荷重量とかとにかく丈夫という面が魅力的でこれにしました。

一人暮らしだけれど彼氏が泊りに来たら一緒に眠ることを考えると折り畳み式だとちょっと折れたら怖いなとかそういう思いもあったし、一人暮らしの部屋でも可愛いベッドがやっぱり魅力的だったのです。布団から枕、それらすべての柄を揃えられるカバーも一緒に買うことができるニトリは本当に便利でした。

一式セットで買う事で買い逃しなどもなく揃えやすかったです。ベッドは正直すぐに買わなくても寝れることは寝れるし、でも引っ越す前からサイズとかも考えてどういった形のものにするかをじっくり早い段階で考えておくのが大事です。ベッドは一人暮らしの部屋の中でも大きく、目立つ存在なのでこれに合わせて部屋の雰囲気も変わるので、自分の好みの部屋づくりの基礎として選ぶのがイイです。



一人暮らし用家具選びを応援! トップページに戻る