一人暮らし用家具 必要最小限

必要な家具を買い足していく方法がお勧めです

初めて一人暮らしをする場合は何がどこまで必要かというのも想定しにくいと思います。私の場合は大学入学から一人暮らしですが、最初は必要最小限の家具だけ購入しましたが、それで正解だったと思います。

少ない予算という理由で費用面で必要最小限でしたが、予算に余裕があっても一度に全部揃えると不要なものを購入してしまうことになると思います。一人暮らしはワンルームなど部屋が狭いことがほとんどだと思うので、それを考えずにタンスなどやテーブルを購入してしまうと部屋も狭く感じてしまいます。

私はイスつきのテーブルでなくコ、タツタイプのテーブルにして、目線も低くなるようにできたので、狭い部屋も圧迫感もない感じで置けました。備え付けのクローゼットも小さく感じましたが、もうひとつ家具を買うととても狭くなりそうなので、逆に備え付けのクローゼットで収まるように工夫するようにしました。

ベッドもあきらめて布団にすることで、スペースを少しでもとるようにしました。また逆に狭い部屋を工夫できるワイヤシェルフやエレクターといった棚にできる家具を洗濯機置き場や台所コーナーに置くことによって、収納スペースを確保できたと思います。

このタイプの家具は棚を自由に設定することができるので、はめ込む場所のサイズを測ってカスタマイズして購入しました。棚を何段も置けるので開いた空間を有効利用できました。

最初は少な目の家具だけで暮らしていましたが、趣味のものの飾り棚的なものが欲しくなってきて検討しました。あまり家具を購入していなかったのでその家具ぐらいは置けそうだったので、その家具を設置してもいけるだろうと思って購入しました。

必要最低限以外で購入した家具はそれだけですが、あれもこれも最初から買っていなかったので、追加で設置できたのだろうと思います。一人暮らしではりきって全部一度にそろえるというよりかは本当に要るものだけにしてどうしも追加したくなったときにじっくり検討して選ぶといいと思います。



一人暮らし用家具選びを応援! トップページに戻る