一人暮らし用家具家電選びは計画的に

1人暮らしの家具選びは、計画を立てた上でじっくりと買い揃える

家具選びに関しては一人暮らしが長いのでいろいろ感じることがあります。特に社会人になって少しづつ収入が増えていくと欲しいモノに手が届くようになってくるので、最初から全て手に入れる必要はないのですが、もし時間に余裕があるなら事前にチェックしておくのがいいと思います。

一般的に生活に必要な家具は最低限で済むと思いますが、どうしても最初から揃えたくなってしまうものです。しかし部屋の住み心地などによっても適したサイズや使い勝手が変わってくることを考えると、一つづつ揃えていけばいいぐらいに考えた方が買い物も失敗が減ると思うのです。

それは一人暮らしを始めた頃に全部買い込んで後々失敗したかなと思った反省も含まれてます。まず優先すべきは電化製品の方でしょうし、それらを配置した後のスペースに家具を調達する手順であることを念頭に入れるべきです。

私の場合、ある程度教訓が身に付いてからは、とにかく時間を掛けて探すことにしました。今ならオークションなども一つの方法ですね。家具の場合、高い送料がネックになりがちですが、運が良ければ格安で古い家具などが購入できることがあります。

雰囲気の良い楢材のチェストなどが安く落札できたこともあるので、あながち軽視はできないと思います。後は個人的にアンティークが好きでしたので、広尾や恵比寿界隈のお店で物色、ボーナスが出た時に大きめのテーブルを買いました。オークションほど安くありませんが、実際見れてケアもしてもらえるので安心感はありますね。

見た目を重視したアンティーク家具は気分転換も兼ねた買い物でしたが、全てそういうわけにもいきません。スチール棚やテーブルセットなどは量販店、通販、ディスカウントショップなど比較した上で結果的にニトリに落ち着きました。

案外バカにできないのは同じようなアイテムが他店でもあった場合です。比較すると微妙に価格が違うのがまず理由ですが、ニトリの家具はコスパに優れているのを感じました。よく比較されるIKEAなど競合店もありますので、好きなテイストに合えばそれでいいと思います。

私の場合は周囲にIKEA好きが多かったので、あえてニトリにした経緯もあります。アンティーク家具の値段がやや予算をオーバーしていたので、他のアイテムをニトリで補った格好ですが、品質、企画ともに満足が行く気がします。



一人暮らし用家具選びを応援! トップページに戻る